Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://hueibox.blog45.fc2.com/tb.php/76-e0028a5c

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    北海道立三岸好太郎美術館 シリーズ土曜セミナー「朗読とギター」

    北海道立三岸好太郎美術館 シリーズ土曜セミナーのご案内
    三岸美術館の展示を2倍楽しむために 第6回目
    朗読とギター
    三岸美術館に響く宮澤賢治の世界
    朗読


    日時:2月6日(土) 午後2時~(約60分)

    対象:どなたでもご参加いただけます。直接会場にお集まりください。
       定員約50名。 小中学生も大歓迎です。

    場所:北海道立三岸好太郎美術館 展示室
    アクセス:地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩10-15分、道立近代美術館より徒歩5分
    開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
    入場料 所蔵品展観覧料でお聴きになれます。
        (※一般500円、大学生250円(高校生以下、65歳以上無料))


    更に詳しい情報を知りたい人は下のRead Moreをクリック!
    「シリーズ土曜セミナー」では、開催中の展覧会に関連した内容で、さまざまな角度から解説を行っております。
    展示作品についての新鮮な発見につながり、美術鑑賞を一層楽しいものとする好機となることでしょう。

    三岸好太郎(1903-1934)と宮澤賢治(1896-1933)は、ともに大正から昭和初期に活躍しました。直接の交流は知られませんが、両者とも北海道、岩手という北国に生まれ、ゆたかな想像力のもと、絵画と文学というそれぞれの分野で、ファンタジーという共通の資質を生かした輝かしい仕事を残しています。また宮澤の絵、三岸の詩や童話の創作も知られています。

    このたびの土曜セミナーでは、宮澤賢治の童話「雪渡り」を、ギターの間奏を交えた本格的な朗読とでお楽しみいただきます。そのことばとしらべは三岸作品にかこまれた空間に、どのように響くでしょう。



    <お 話> 「ファンタジーに遊ぶ二人の芸術家」

    苫名直子(当館学芸員)

    <朗読とギター> 宮澤賢治作「雪渡り」

    朗読:長谷川京子
       1948年生まれ。札幌開成高校卒。1966年「劇団さっぽろ」に入団。主に児童青少年演劇の分野で、
       舞台活動を行う。1992年全児演奨励賞受賞。2009年、飯田信之演劇事務所創立に参加。


    音楽:星井 清(ギター)
       ギターを大塚房喜に、作曲を木村雅信に師事。第15回東京国際ギターコンクール3位入賞。
       N.イエペス、J.トーマス、S.パストール、G.ベラスコのレッスンを受ける。
       日本ギター連盟正会員、札幌大谷大学非常勤講師。


    演奏曲目:タレルガ「マリア」ほか


    次回の土曜セミナーの予定: 平成22年度 第1回/2010年5月8日(土)  講師:当館学芸員・苫名直子(予定) 
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://hueibox.blog45.fc2.com/tb.php/76-e0028a5c

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    ~プロフィール~

    i-BOX

    Author:i-BOX
    北海道教育大学岩見沢校BOX[i-BOX]
    〒068-0034 岩見沢市有明町1番地1 有明交流プラザ2階
    Tel:0126-35-1400
    E-mail:iwa-i-box☆j.hokkyodai.ac.jp
    (☆を@に換えてお使い下さい)
    twitter:@iBOXhue
    窓口対応時間:10:00~17:00

    ~i-BOXブログのurl~

    QR

    ~i-BOX twitterのurl~

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。