Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://hueibox.blog45.fc2.com/tb.php/94-70f9f37f

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    三岸好太郎美術館土曜セミナー 谷口雅春×中島岳志 トーク

    三岸好太郎美術館からのお知らせ 
    シリーズ 土曜セミナー スペシャル
    谷口雅春×中島岳志 トーク
    「三岸、前衛、そして北海道」

    土曜セミナーちらし

    ■日時:2010年3月20日(土)
     午後2時~ 約60分

    ■場所:北海道立三岸好太郎美術館 展示室内
    ■アクセス:地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩10-15分、道立近代美術館より徒歩5分
    ■開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
    ■入場料 所蔵品展観覧料でお聴きになれます。
        (※一般500円、大学生250円(高校生以下、65歳以上無料))
    *どなたでもご参加いただけます。直接、展示室にお集まりください。約50席ご用意いたします。 
    *駐車スペースが限られております。できる限り公共の交通機関利用のご協力をお願いいたします。



    ■谷口雅春 たにぐち まさはる
    1957年札幌生まれ。ライター。著書に『奇跡の音楽祭 札幌・PMFの夏』(北海道新聞社)、『千年の響き-正倉院楽器復元とアンサンブルオリジン』(小学館スクエア)、『札幌アート・ウォーク』(北海道新聞社)、聞き書き作品に『大地の遺産-知床からのメッセージ』(牛来昌著、響文社)、『地球建築士-国際交流・協力の五十年』(松本洋著、柏艪舎)、編集に『駅とアート求め合う-札幌・JRタワーの秘密』(幻冬舎ルネッサンス)がある。

    ■中島岳志 なかじま たけし
    1975年大阪府生まれ。北大公共政策大学院准教授。日本の思想史やインドのナショナリズムを研究。米ハーバード大学客員研究員などを経て2006年北大へ。著書に『中村屋のボース』『パール判事』(白水社)、『朝日平吾の鬱屈』(筑摩書房)、『中島岳志的アジア対談』(毎日新聞社)、『ガンディーからの〈問い〉』(NHK出版)、『じゃあ、北大の先生に聞いてみよう』(北海道新聞社)などがある。


    ■平成22年度の土曜セミナーの予定
    第1回/5月8日 第2回/7月10日 第3回/9月25日 第4回/11月20日 第5回/11年2月5日 第6回/3月5日


    ■開催中の展示
    所蔵品展第4期 「わたしの三岸好太郎」
    絵画に燃焼しつくした31年の短い命- 皆様からよせられたたくさんの言葉とともに、人気の三岸作品をご紹介します。
    2010年1月22日(金)~3月28日(日)
    午前9時30分~午後5時(入場は4時30分まで)
    休館日:月曜日(ただし3/22は開館、3/23は休館) 
    観覧料:一般500(410)円 高大生250(170)円
    *65歳以上、中学生以下は無料、( )内は10名以上の団体料金。土曜日は高校生の観覧料も無料となります。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://hueibox.blog45.fc2.com/tb.php/94-70f9f37f

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    ~プロフィール~

    i-BOX

    Author:i-BOX
    北海道教育大学岩見沢校BOX[i-BOX]
    〒068-0034 岩見沢市有明町1番地1 有明交流プラザ2階
    Tel:0126-35-1400
    E-mail:iwa-i-box☆j.hokkyodai.ac.jp
    (☆を@に換えてお使い下さい)
    twitter:@iBOXhue
    窓口対応時間:10:00~17:00

    ~i-BOXブログのurl~

    QR

    ~i-BOX twitterのurl~

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。