Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://hueibox.blog45.fc2.com/tb.php/988-0238331f

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    「十勝の美術100年」

    帯広美術館コレクション選
    「十勝の美術100年」


    tokatino.jpg tokatino2.jpg

    会期:2014年2月11日(火・祝)~4月16日(水)
       9:30~17:00(16:30まで)
    会場:北海道立帯広美術館
       (帯広市緑ヶ丘2番地 緑ヶ丘公園)
    観覧料:一般500(400)円、高大生300(250)円
      ※( )内は、前売、リピーターおよび10名以上の団体の割引料金。
      ※中学生以下、65歳以上、高校の教育活動としての観覧、身障者手帳をお持ちの方などは無料。
    休館日:毎週月曜日


    【同時開催】
    コレクションギャラリー「北の風景」
     2013年11月22日(金)~2014年4月16日(水)
     観覧料:一般170(140)円、高大生100(70)円
       ※( )内は、10名以上の団体料金。
       ※中学生以下、65歳以上、高校の教育活動としての観覧、身障者手帳をお持ちの方などは無料。
       ※高校生は毎週土曜日は無料

    北海道立帯広美術館
    〒080-0846 帯広市緑ヶ丘2番地 緑ヶ丘公園
    TEL 0155-22-6963
    http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-obimu/

    関連事業につきましては、追記でご確認ください。
    【関連事業】
    ・アート・トーク「十勝の美術を語る」
     地元在住作家にお話しいただきます。
     
     2月11日(火・祝) 池田緑氏
      「とかち環境アート-帯広の森アートキャンプから防風林アートプロジェクトまで-」
     2月16日(日) 米山将治氏
      「十勝の美術史、新しい資料から・・・」
     2月23日(日) 中西堯昭氏
      「昭和20年代の十勝の美術」
     3月1日(土) 渡邉禎祥氏
      「1960年代の十勝の美術」
     3月2日(日) 熊代弘法氏
      「手首をまげるな」

     各日午後2時~
     会場:北海道立帯広美術館講堂・主展示室(要観覧券) 

    ・キッズ・ツアー
     子ども向けに学芸員が展覧会をご案内します。
     日時:2月15日(土)午後2時~(約30分)
     会場:北海道立帯広美術館展示室(要観覧券)

    ・キッズ・ミュージアム「折って楽しいひなまつり」
     託児室を開設します。お子様が工作を楽しんでいる間、ゆっくりとご鑑賞ください。
     日時:2月22日(土)午後2時~4時
        (受付は午後3時30分まで)
     会場:北海道立帯広美術館講堂(託児無料)

    ・特別展セミナー「十勝美術100年の流れ」
     講師:北海道立帯広美術館学芸員
     日時:3月15日(土)午後2時~3時
     会場:北海道立帯広美術館講堂(聴講無料)
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://hueibox.blog45.fc2.com/tb.php/988-0238331f

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    ~プロフィール~

    i-BOX

    Author:i-BOX
    北海道教育大学岩見沢校BOX[i-BOX]
    〒068-0034 岩見沢市有明町1番地1 有明交流プラザ2階
    Tel:0126-35-1400
    E-mail:iwa-i-box☆j.hokkyodai.ac.jp
    (☆を@に換えてお使い下さい)
    twitter:@iBOXhue
    窓口対応時間:10:00~17:00

    ~i-BOXブログのurl~

    QR

    ~i-BOX twitterのurl~

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。